LEADS TO THE OCEAN 湘南ベルマーレ

団体概要

神奈川の海岸は、丹沢山系に代表される山にも恵まれ「山・川・街・海」という自然がもたらす、すばらしい環境上の魅力を備えています。一方で、近年、人々を魅了する環境ゆえに発生する住宅地の開発や急激な都市化、そして全国的な林業の衰退により、海岸ごみの問題や海や川の水質汚染が深刻化していることも事実です。
この問題に対して、我々は ゴミ拾いを通じて多くの人々に「山・川・街・海」という繋がりを考えるきっかけをつくっていきたいと考えました。

その第一歩として、この度、株式会社湘南ベルマーレ、海さくら日本財団がタッグを組み、環境問題・清掃活動に新たなイノベーションを起こす「LEADS TO THE OCEAN」プロジェクトを開始することに致しました。

海・環境の状況は、ここ数年のエコブームなどがありながらも、海岸に流れ着くゴミの量は減少しておらず、継続して環境が悪化しており、太平洋ゴミベルトと呼ばれるエリアでは、浮遊したプラスチックなどの破片が大量に漂っています。

そこで、本来の美しい海・環境を次世代に、より良い形で引き継いでいけるよう、湘南・江の島にて10年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『海さくら』と、チーム名に美しい海という意味を持つサッカーJ1チーム『湘南ベルマーレ』は2014年より年に1度共にゴミ拾いを開催してきました。

新しいスタイルで環境問題・清掃活動に取り組みます。

開催回数

37

平均参加人数

65

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

355

主な活動地域

平塚市 Shonan BMW スタジアム平塚 場外イベントエリア

地図を見る→
地図を表示できませんでした