第43回LTOごみ拾い

当日の結果報告

開催日

2018.08.15(水)

参加人数

41

拾ったゴミの袋数と可燃 / 不燃の割合

21

開催場所

諫早市宇都町27−1

地図を見る→

8月15日に、トランスコスモススタジアム長崎で開催された

明治安田生命J1リーグ第22節の鹿島アントラーズ戦で、

第43回 LTO V・ファーレン長崎ゴミ拾いを開催いたしました。

 

日本ユニセフ協会の協力のもと、「夏のV・ファーレン祭り 第2弾 ~平和を願う子どもの日!ユニセフDAY~」と銘打って、平和に関して学べるイベントを多く開催しました。お盆ということもあり、12328人のファン、サポーターにご来場いただき活気のある1日となりました。

 

試合は、前半14分にDF高杉亮太選手が左足のダイレクトボレーでJ1リーグ初ゴールを決めましたが、その後2失点して1―2で敗れてしましました。

試合後のLTOゴミ拾いには41名にご参加いただき、遅い時間にも関わらず、たくさんゴミを拾っていただいたおかげとてもきれいになりました。本当にありがとうございました。

 

7月から新しいシーズンのものに変わりましたスタンプカードは、スタンプが12個貯まると、ゴミ拾いマスターの称号が得られます。マスターを証明するカードと、素敵なプレゼントをスタジアムピッチ内にて、来年の夏頃に贈呈する予定です。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

 

 

次回、第44回 V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」ゴミ拾いは、2018年8月19日(日)セレッソ大阪戦終了後の20時から30分間の開催予定です。

 

 

海に囲まれた、海の恩恵を受ける長崎から環境について発信しましょう!!!

2018年の残りシーズンも、どうぞよろしくお願いいたします。

次回 第42回 V・ファーレン長崎「LEADS TO THE OCEAN〜海につづくプロジェクト〜」ゴミ拾いは、2018年8月1日(水)北海道コンサドーレ札幌戦終了後の21時から30分間の開催予定です。

地図を表示できませんでした