一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会

団体概要

ビーチクリーンロボットプロジェクト(BC-ROBOP) は「ロボットと市民が協力して海をきれいにする社会」を目指し、2017年4月、福岡県宗像市の市民団体、九州大学と九州工業大学の研究者、研究広報を専門とする事業者が協力して活動をスタートしました。
2018年6月には正式名称「一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会」を設立しました。
英語名称は”The Institute of BC-ROBOP Coastal Engineering”です。
この学会は、海岸清掃および海岸管理に関する学術技芸を考究し、関係するロボットに関する機器開発やロボットによる作業などロボット工学を含む海岸・海浜活動に関する技術の発展・普及と清掃活動の振興に関する活動を行い、もって国民や世界中の人々の海岸および海浜の理解の増進に寄与することを目的として、次の事業を行っています。

(1)ロボットによる海岸清掃作業の企画と実施および作業支援
(2)ロボットによる清掃技術に関する情報の提供と資料の刊行
(3)ロボットの開発、情報の収集と提供、利用の促進
(4)ロボット関連イベントの企画と実施
(5)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

開催回数

25

平均参加人数

49

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

792

主な活動地域

宗像市さつき松原辺り

地図を見る→
地図を表示できませんでした