NPO法人 未来の荒川をつくる会

団体概要

エメラルドグリーンの空に白い雲、青葉茂る里山を流れる清流。見渡せば、富士をはじめ甲斐駒、八ヶ岳、南アルプスの連山。実に山梨は、自然に恵まれた故郷であります。

県都・甲府を縦断する荒川もかってはカワセミや蛍が舞い、ヤマメやメダカが棲み、水遊びに興じる子供たちの歓声に包まれていました。川は、時に優しく時に厳しい表情を見せながら、そこに暮らす人々の生活を脈々と支えてきました。私たちは、荒川が本来の清流を取り戻し、その魅力に、より多くの人々が接することができるよう多彩な活動を展開すべく立ち上がりました。

 これまで多くの人に支えられ、日常的な河川清掃に加え、荒川と笛吹川、さらに濁川を結ぶ盆地一周のサイクリングロードの整備、これを活用したジョギング・マラソン大会の開催、流域での花壇整備や桜の植栽、子供たちとのヤマメや錦鯉の放流などの事業を展開してまいりました。今後とも、皆様のご支援ご協力を賜りながら、これらの事業をさらに充実・発展させてまいりたいと考えております。

 しかしながら、私たちの力は限られたものです。何よりも大切なことは、県民の皆様お一人お一人が、郷土の自然を守り抜こうとする意識を持ち、積極的に具体的な行動を起こすことではないでしょうか。私たちは、私たちの活動が、山紫水明の故郷・山梨の自然を21世紀の子供たちに残そうとする大きな県民運動の礎となり、魁になれればと願っております。

開催回数

90

平均参加人数

100

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

3,600

主な活動地域

甲府市富士見2-2-33イーハトヴ1F

地図を見る→
地図を表示できませんでした