特定非営利活動法人 子どもの森

団体概要

次の世代から借りている自然環境を、より良い状態で次の世代に返すために、自分たちでできることを自分たちの手で
自然環境の悪化により辛い思いをすることは、私たちで終わりにしたい。

子どもたちに良質の森(環境)を残すために、自分たちでできる環境を保全することの大切さを理解し興味を持ってもらうために環境啓発の活動を実践しています。

自然環境の源である森をつくり守るために、広葉樹を植樹して下草刈り等の育林作業を実施しています。また、将来環境の守り手となる次の世代に対して、森林や河川等を活用しての環境プログラムとして、ネイチャーゲーム・ドングリの苗育て・樹木観察・講演会・椎茸栽培などの体験型講習を開催して、環境問題に取組む活動を行っています。
また、地域問題を解決する有効手段である協働についても推進しています。

毎年開催している「四季をまるごと体験ecoスクール」において、(年に1回ですが)夏に手作りの竹イカダで五十鈴川を下りながら河川のゴミ拾いをしています。

開催回数

8

平均参加人数

20

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

24

主な活動地域

森の学舎(旧西門川小学校松瀬分校)

地図を見る→
地図を表示できませんでした