道城征央フォトオフィス&エコ・自然塾

団体概要

水中を中心に陸上まで撮るネイチャーフォトグラファー/フォトジャーナリスト。
主にミクロネシア連邦のジープ島、チューク州、ヤップ州、ポンペイ州、コスラエ州を撮影する。渡航歴は20回以上にのぼる。
2011年にはミクロネシア連邦4州の撮影を制覇。
国内では小笠原諸島で水中から陸上の自然などを地質学の見地から撮る。

【カメラマンとしてのコンセプト】
“共存共栄”
それは自然との共存共栄であります。そして行く末は人と人との共存共栄であります。
震災以降、エコに対する関心はみな強くなりました。
エコを理解する前に自然とは何かを理解することが大切であります。
自然に打ち勝つことはできません。
ならばその自然とどう関わっていくかを考えることが重要です。
今、「人と自然との関わり方」を中心に全国で説いて回っております。

また雑誌以外に保育園、小中高大学、企業家相手に講演、トーク、セミナーを多くこなしている。

開催回数

20

平均参加人数

20

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

130

主な活動地域

目黒川

地図を見る→
地図を表示できませんでした