「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会

団体概要

世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県宗像市・福津市)の保存と活用を担っています。

「神宿る島」沖ノ島への信仰は、厳しくも豊かな海と人々との関わりの中で生まれ、長いあいだ大切に受け継がれてきました。
海を漂うごみは、美しい風景や生き物を傷つけるだけでなく、信仰を守り伝えてきた漁師たちの仕事の妨げにもなっています。

「海を守ることは、世界遺産を守ること」を合言葉に、海の環境保全活動を実施しています。

開催回数

2

平均参加人数

255

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

140

主な活動地域

宗像市・福津市

地図を見る→
地図を表示できませんでした