日本ボランティアクラブむつごろう

団体概要

ゴミ拾いのキッカケ

私は、自然農法(無肥料・無農薬)でお米を栽培していて、水の恩恵を強く感じていました。ところが、水路(クリーク)の中は、不法投棄やポイ捨てのゴミが多く、捨てなくするにはどうすれば良いのか真剣に考えました。

しかし、どうすることも出来ずにいましたら、ふと頭に思いついたのは、自分がゴミを拾うと減るよね。

2010年1月から1人で始めたゴミ拾い。始めは恥ずかしい気持ちでしたが、終わってみたら達成感が有り、綺麗になった水路は嬉しく感じました。

その後は、毎月1~2回程度清掃活動をしていました。すると、私の行動を見た近所の方が賛同され一緒に活動されるようになりました。そして、2011年11月17日に 「日本ボランティアクラブむつごろう」を佐賀市に美化活動組織として登録しました。
活動場所:佐賀市のクリークや道路を中心にゴミの散乱を拾い、燃えるごみ、金物、ガラスの3種類に仕分け、佐賀市からのボランティア袋に入れ集積する活動。

準備するもの:作業服、長靴か運動靴、ゴム手袋か軍手、お茶。

当日受付OK、前もっての参加連絡は必要ありませんよ。

問い合わせ
日本ボランティアクラブむつごろう 代表 北村広紀 (きたむら ひろき)
電話 080-5246-5278

美しい街作りに貢献中。(夢は大きく世界中のゴミを無くしたい)

(無償ボランティア、佐賀市に登録済。人や物に損害は、市民総合保険で対応)
夢は大きく世界中のゴミを無くしたい

不法投棄やポイ捨ては多いですが、自分から活動に参加したいと来られる方の多いことにびっくりポンです。まだまだ良い事をしたい方が沢山おられますね。

イベント名 幸せ拾い (ゴミと一緒に未来の幸せが捨てられています。一緒に幸せ拾いましょう)

私は「幸せ拾い」で、心清い方と出会いに感謝しております。

また私自身が、「幸せ拾い」で幸せを感じております。

このボランティアは、完全無償なので達成感が大きいですね。

「幸せ」は自分でツカムものです。

「幸せ」の持ち帰り大歓迎。

あなたにあげたい『幸せ』

もったいない、もったいない。

拾わにゃ損・損。

お問い合わせ
日本ボランティアクラブむつごろう

(きたむら ひろき)
代表 北村広紀
電話 080-5246-5278

開催回数

62

平均参加人数

10

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

3,770

主な活動地域

佐賀市の水路(クリーク)

地図を見る→
地図を表示できませんでした