特定非営利活動法人宇和島NPOセンター

団体概要

私達の宇和島市は、「平成30年7月豪雨」により甚大な被害を受けました。この災害を乗り越えるために行政やNPO団体等と情報共有・問題解決のための議論を重ねる中で、人と人・団体・情報をつないで調整役を担う「中間支援組織」が必要であるという結論に至り、令和2年8月に災害後発足する中間支援組織としては愛媛県初となる「特定非営利活動法人宇和島NPOセンター」を設立しました。 
さらに、支援活動を継続する中で災害対応に留まらず、宇和島市が発災以前から直面している課題に取り組むには、行政・社協・企業等のサービス・制度・仕組みだけでは限界があることも見えてきました。このような課題の解決に向け地域住民のより近くで行われる寄り添い型支援を強化し、迅速で柔軟な相談対応を中心とした各種被災者支援事業を行っております。
 また、平時から市内外のNPO団体や関係機関と情報共有や継続した活動を行うことで、非常時に迅速に対応することができる体制の構築を推進しています。

開催回数

3

平均参加人数

50

拾ったゴミ袋の数と不燃/可燃の割合

120

主な活動地域

宇和島市

地図を見る→
地図を表示できませんでした