大和川ゴミ調査と水質調査 【川ごみネットワーク】 【非募集】

当日の結果報告

開催日

2018.12.01(土)

参加人数

6

拾ったゴミの袋数と可燃 / 不燃の割合

2

開催場所

住之江区平林南2丁目

地図を見る→

 定期的に観測している大和川河口の水質調査とプラスチックゴミのサンプル調査(河原の20mの区間)を行いました。調査が終わってからは1月の全国大会に向けて試合用のロボットの作成を行いました。

川のゴミをサンプリング調査している所

河原の石のすきまに外国からの手紙が入ったガラス瓶が見つかりました。

見つけた外国の手紙の入った瓶

ゴミの種類別計測結果

  ペットボトル レジ袋 カップ容器 空き缶 その他
個数 7 1 0 3 22

ブルーシートが川に流されてボロボロになって岩の間に挟まっていました。

水質の調査を行っているところ

水質調査では水温が低いためかCODが低く、アンモニウムイオン濃度が0mg/Lだった。

部員の感想

 ゴミ調査をしている時にどこかからの手紙の入ったボトルがありました。今回はペットボトルが少なかった。パックテストではアンモニウムイオンが0mg/Lだった。とてもびっくりした。(2年部長T.T)
 水質調査をしているところ、何語か不明の手紙やフェルトが入ったガラスビンを発見しました。あとCODですが、通常のものと低濃度のパックテストで数値も違ったことが不しぎで仕方ありません。(2年S.M)

地図を表示できませんでした